商品情報にスキップ
1 1

ヤギ除草の本

ヤギ除草の本

通常価格 ¥1,000
通常価格 セール価格 ¥1,000
セール 売り切れ
税込

『ヤギ除草の本 めんどくさくて愛しい循環型社会のパートナー』著者の守さんは公的機関でかかわった除草作業の在り方に疑問を抱きます。
「草を刈るのにお金も化石燃料もたくさん使うのってなんだかもやもや」
そのとき先輩職員から「昔はヤギに草を食べさせてた。雑草は資源だった」という話を聞き、ヤギ除草を実践することに。
教育現場で飼い始めるも突然脱走したり、ロープに繋ぐと絡んで怪我したり。小屋をどう作るかも問題。
でも選り好みはするけどちゃんと雑草を食べてくれる。2匹のヤギ ユキちゃんとコユキちゃんは淡路島から高校、下水処理場、公園……と出張ヤギ除草することに。
においや鳴き声、病気など一筋縄では行かないけれどヤギがいる空間に人が和まされます。

守さんは社会人大学生としてヤギ除草の研究を続け、関西ヤギ除草ネットワークを主宰しヤギ飼育者のノウハウ共有を進めています。

めんどうくさいけど、ヤギを飼うことで今までの生活を見直さざるを得なくなる。邪魔者だった雑草がヤギといると資源に見えてくる。

ヤギ除草やヤギが気になっている方だけでなく、暮らしを見つめ直したい方に。

詳細を表示する