商品情報にスキップ
1 1

美しいってなんだろう?

美しいってなんだろう?

通常価格 ¥1,980
通常価格 セール価格 ¥1,980
セール 売り切れ
税込

装丁家の矢萩多聞さんと、その娘・つたさん(連載開始時9歳)による本。矢萩さんは『偶然の装丁家』(『本とはたらく』)などの著書を書かれ、三輪舎・中岡祐介さんとの仕事をはじめ、数々の良い本をつくられています。 当たり前といえばそうなのですが、美しさって、美術とかデザインのような活動じゃなきゃ突き詰められないわけじゃない。むしろ、日々私たちは仕事や家事や人との、風景との触れ合いを通して美しさと向き合っている。……はずなんだけど、結構(私は)見逃してしまっているように思えるのです。 『美しいってなんだろう?』では矢萩多聞さんと娘のつたさんそれぞれがインドのカトマンドゥや石や人などをテーマに文を綴っていきます。本当に読んでいるうちに「美しさってなんだろう?」と考えさせられる本です。 (多聞さんのカトマンドゥの文、つたさんによる車寅次郎についての文がとても好きです)。

詳細を表示する