豆知識

夏目漱石『坊っちゃん』のあらすじ・登場人物・テーマ

夏目漱石『坊っちゃん』のあらすじ・登場人物・テーマ

『坊っちゃん』は明治時代を代表する作家・夏目漱石による小説。明治39年(1906)4月、雑誌『ホトトギス』に発表されました。漱石が旧制松山中学校(現:愛媛県立松山東高等学校)に教師として赴任した経験が『坊っちゃん』の基となっています。「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」という書き出しが有名なこの小説。『坊っちゃん』には主人公の青年教師が四国の中学校で先生・生徒相手に葛藤する姿が、江戸っ子の口調でユーモラスに描かれています。

夏目漱石『坊っちゃん』のあらすじ・登場人物・テーマ

『坊っちゃん』は明治時代を代表する作家・夏目漱石による小説。明治39年(1906)4月、雑誌『ホトトギス』に発表されました。漱石が旧制松山中学校(現:愛媛県立松山東高等学校)に教師として赴任した経験が『坊っちゃん』の基となっています。「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」という書き出しが有名なこの小説。『坊っちゃん』には主人公の青年教師が四国の中学校で先生・生徒相手に葛藤する姿が、江戸っ子の口調でユーモラスに描かれています。

川端康成の特徴「末期の眼」と映画のパンフォーカスの関係

川端康成の特徴「末期の眼」と映画のパンフォーカスの関係

最近、川端康成の『雪国』を友人と読んだpodcastの文字起こしをしていて気づいた話です。『雪国』は主人公の島村って男が、駒子っていう越後湯沢にいる芸者さんに会いに行って、不倫旅行みたいなことをするっていう、そう言ってしまうと元も子もないんですけど、そこで語られる情緒が美しい作品です。

川端康成の特徴「末期の眼」と映画のパンフォーカスの関係

最近、川端康成の『雪国』を友人と読んだpodcastの文字起こしをしていて気づいた話です。『雪国』は主人公の島村って男が、駒子っていう越後湯沢にいる芸者さんに会いに行って、不倫旅行みたいなことをするっていう、そう言ってしまうと元も子もないんですけど、そこで語られる情緒が美しい作品です。

経営・景気の語源は山水画?経済・会社の語源も、風景・人と深く関わっている

経営・景気の語源は山水画?経済・会社の語源も、風景・人と深く関わっている

「経営」「景気」「経済」「カンパニー」の語源はもともと人と人との関わりや、風景を表す言葉だった、というお話。経済用語ってどこか距離を置いて見てしまうのですが、語源から考えると、身近な風景や人のためのものだったと分かります。

経営・景気の語源は山水画?経済・会社の語源も、風景・人と深く関わっている

「経営」「景気」「経済」「カンパニー」の語源はもともと人と人との関わりや、風景を表す言葉だった、というお話。経済用語ってどこか距離を置いて見てしまうのですが、語源から考えると、身近な風景や人のためのものだったと分かります。

川端康成『雪国』のあらすじ・登場人物・テーマ

川端康成『雪国』のあらすじ・登場人物・テーマ

『雪国』は川端康成の小説で、東京に住む青年と新潟の芸者の恋愛、雪国の風景・生活が抒情的に描かれています。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の書き出しが有名です。『雪国』は昭和9年(1934)から書き出され、昭和23年(1948)に一応の完成となりましたが、昭和46年(1971)『定本   雪国』まで30年以上も改稿されました。川端康成にとって『雪国』は入魂の作だったといえるでしょう。

川端康成『雪国』のあらすじ・登場人物・テーマ

『雪国』は川端康成の小説で、東京に住む青年と新潟の芸者の恋愛、雪国の風景・生活が抒情的に描かれています。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の書き出しが有名です。『雪国』は昭和9年(1934)から書き出され、昭和23年(1948)に一応の完成となりましたが、昭和46年(1971)『定本   雪国』まで30年以上も改稿されました。川端康成にとって『雪国』は入魂の作だったといえるでしょう。

谷崎潤一郎の代表作のあらすじと生い立ちについて

谷崎潤一郎の代表作のあらすじと生い立ちについて

谷崎潤一郎は明治19年(1886)、東京生まれの日本の小説家です。『痴人の愛』『春琴抄』『陰翳礼讃』『細雪』などの小説の作者として知られています。作品の根底にはエロティシズムがあり、後年は日本的な美学を追究するようになりました。昭和24年(1949)に第8回文化勲章、1958年度など数回ノーベル文学賞候補になっています。

谷崎潤一郎の代表作のあらすじと生い立ちについて

谷崎潤一郎は明治19年(1886)、東京生まれの日本の小説家です。『痴人の愛』『春琴抄』『陰翳礼讃』『細雪』などの小説の作者として知られています。作品の根底にはエロティシズムがあり、後年は日本的な美学を追究するようになりました。昭和24年(1949)に第8回文化勲章、1958年度など数回ノーベル文学賞候補になっています。

谷崎潤一郎『細雪』のあらすじ・登場人物・テーマについて

谷崎潤一郎『細雪』のあらすじ・登場人物・テーマについて

昭和『細雪(ささめゆき)』は昭和の作家・谷崎潤一郎による小説。昭和18年(1943)から第二次世界大戦を挟み、昭和23年(1948)にかけて刊行されました。谷崎潤一郎の代表作の一つで、大阪~神戸に住む蒔岡(まきおか)家の4人姉妹の生活が描かれています。読み進めると、戦争に向かう中での関西の上流階級の暮らしぶり、日本的な様式美やしきたりとの女性たちの葛藤が見えてきます。

谷崎潤一郎『細雪』のあらすじ・登場人物・テーマについて

昭和『細雪(ささめゆき)』は昭和の作家・谷崎潤一郎による小説。昭和18年(1943)から第二次世界大戦を挟み、昭和23年(1948)にかけて刊行されました。谷崎潤一郎の代表作の一つで、大阪~神戸に住む蒔岡(まきおか)家の4人姉妹の生活が描かれています。読み進めると、戦争に向かう中での関西の上流階級の暮らしぶり、日本的な様式美やしきたりとの女性たちの葛藤が見えてきます。